本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

【賃貸経営】繫忙期に間に合わせる空室対策5ステップ

2022-01-26
カテゴリ:賃貸経営
①ターゲットの見直しと拡大
今年も春の引越しシーズンを迎え、満室経営のチャンスが訪れましたwithコロナの時代になり賃貸市場も変化してきています年に一度の機会を逃すことなく、確実に空室を埋めたいとお考えの方も多いと思います。そこで、今日は「空室対策5ステップ」と題しまして対策と手順を書いていきたいと思います

①ターゲットの見直しと拡大
・4月の満室を目指すにあたって検証したいのが、「ターゲットの見直しと拡大」ですwithコロナの時代になり、あおりを受けた学生や外国人向け物件はターゲットの見直しが必要になるでしょう。これまでの概念にとらわれるのではなく、柔軟は発想が必要です高齢者、楽器可、DIY可など募集の間口を広げれば、空室対策の選択肢に幅が広がります。レッドオーシャンの中で値下げ合戦に巻き込まれ、結局は繁忙期に入居が決まらない。そのような最悪のシナリオにならないよう、多くの方に興味を持ってもらえるよう確率を上げていきましょう

②新しい賃貸トレンドを採用し反響アップを狙う
個々の空室対策で留意いたいのが【最近のトレンド】です近年では、エアコン・ウォシュレット・モニターフォンなど競合物件に見劣りしない最低限の設備を整えるのは当然となっています。競合物件と差別化を図り、反響を獲得するには、入居者の注目しているトレンドを採用しなければなりません。小さな工夫でもピンポイントで刺さる施策であれば、効果は絶大です短期で対応可能な施策例を紹介したいと思います。

〇壁付け折り畳みテーブル
・コロナ関連のトレンドの中でも。自宅にテレワーク用のスペースを求める声が多くあります。しかし、大幅な間取りの変更や新設は費用もかかり、ハードルが高いです。そこでおススメなのが【壁付け折り畳みテーブル】です。設置にスペースを取らず、使用しない際は折り畳むことでプライベート空間と仕事場の切り替えが出来ます
キッチン周りに取り付けれるのであれば、作業台や食事用テーブルとしても使えます。巣ごもり需要に対応できるようになるでしょう♪

〇簡易防音室
・これもコロナ関連需要となりますが、テレワークの快適性を求めるニーズも高まっています。そこで注目されているのが【防音室】です。近頃は工具不要の組み立て式、簡易防音室なども登場しています価格の10万円程度~とお求めやすいです。
在宅時間の増加により、騒音トラブルも増加しており、遮音性を求める声が高まりつつあります。部屋全体の改良は大がかりになりますし、簡易防音室は短期決戦向きな対策と言えるでしょう

〇高速インターネット
・音と同様に、コロナ禍で注目されているのが【インターネットの速さ】です。スマートフォンの普及率は8割を超え、オンライン会議や商談も主流になりつつあります。低速インターネットでは「仕事にならない」「楽しめない」など入居者のストレスが溜まってきます
インターネット無料物件は人気となって久しいですが、もうワンランク上のストレスのないネット環境は競合物件との差別化になります既に導入されている方は上位プランに変更するなど、検討してみてはいかがでしょうか。

③タイミングを逃さず賃料を適正化
設備投資の目途が立てば、次は【家賃の適正化】です。いくら設備を整えても、市場に対して家賃が高すぎると入居は決まりません管理会社と相談するなど対象エリアの適正賃料を探りましょう。
もちろん、SUUMOなどの不動産ポータルサイトで市場調査することも可能ですが、注意したいのが掲載されている家賃が必ずしも「成約賃料」ではないこと契約現場で数千円の家賃交渉が起きていることは珍しくありません。競合物件の募集賃料を鵜呑みにするのではなく、「実際に決まる適正賃料」を冷静に見極めることが大切です
④”賃料発生日„対策を特典として用意する
「決まる賃料」を設定したら、成約を後押しするこの時期ならではの特典も用意したいです特に喜ばれるのは、実際の入居日までに発生してしまう【入居前家賃】の免除です。遠方から移住する学生などは、実際には住んでいない期間についても数万円の家賃を支払うことになります。そのような入居前家賃を免除することは、学生はもちろん、実際に支払いを担う親御さんからも高く評価されます
多くの反響が期待できない物件は、まずは「フリーレント〇ヵ月」などで募集し反響アップを狙いましょう。また、反響がある物件も最後に交渉の切り札として準備しておき、入居を決めていきましょう
⑤内見前の建物(室内)チェックを忘れずに
万全の準備を整えたら、忘れてはいけないのが建物の美観ですせっかくの内見のチャンスに肝心の建物(室内)が汚れていては契約を逃すことになります。清掃はもちろん、共用部も綺麗に保ちましょう。また、内見者に対してウエルカムセットを用意するのも効果的です室内の寸法がわかる詳細な資料や間取り図、メジャーなどを置いておくと、その部屋で暮らすイメージ作りになり成約率もアップするでしょう
最後に
【執筆者】佐藤準基 CPM®(米国不動産経営管理士) 
賃貸業界もwithコロナの時代に突入し、変化が大きくなっています。これまでの空室対策は当たり前となり、新たなニーズが生まれてきていますその変化の中でも、この繁忙期を勝ち抜くための対策をご紹介してきました。皆様の物件はいかがでしょうか。是非、まだ対策が出来ていない方は参考にしてみてください
株式会社テラスバ
〒870-0047
大分県大分市中島西1丁目7-14
TEL.097-574-6890
FAX.097-574-6891
0
2
1
2
5
4